認証協、役員改選で吉村代表理事を再任

パチンコ業界ニュース, 業界団体電子認証システム協議会, 認証協

 

電子認証システム協議会(認証協)は18日、東京都港区の第一ホテル東京で第16期定時社員総会を開催。役員改選では吉村泰彦代表理事長を再任した。吉村代表理事長はこれで3期目となる。

 

事業報告では、17期から新規でiクリアシステムを導入したホールを対象に、最大3カ月間のデータ保管料無償キャンペーンを実施することや、管理遊技機及びメダルレス遊技機に対応したユニットシステム・ホール内管理サーバの開発に取り組んできたことなどが報告された。なお、前期末時点でのiクリアシステム総契約件数は約1000件。

 

また、今年4月19日に閣議決定されたギャンブル等依存症対策基本計画を受け、パチンコ・パチスロ産業21世紀会の一員として積極的に依存問題への対応を図り、ユニットシステムにおける役割を果たしていくことを確認。吉村代表理事は、サンドに時間や金額を設定する機能の付与といった具体案を示しつつ、「我々は小さな団体ではあるが、団体を構成する個々の企業は高いポテンシャルをもっている。業界全体に貢献できることがあるという強い思いで今期も進んでいきたい」と依存問題対策への意欲を述べた。

 

同協会の監事を務める全日本遊技事業協同組合連合会の阿部恭久理事長は、iクリアシステムの新規導入店舗に対する最大3カ月間のデータ保管料無償キャンペーンを評価するとともに、ホールのさらなるコストダウンに資する取り組みを求めた。

 

[2019年9月26日・情報島]

 

一般社団法人電子認証システム協議会