「パチスロサミット2019in秋葉原」に一般ファンなど約1万人が集結

パチンコ業界ニュース, 業界団体日電協, 回胴遊商, 回胴式遊技機商業協同組合, 日本電動式遊技機工業協同組合, パチスロサミット

日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)と回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は9月28日、東京都千代田区のベルサール秋葉原で「パチスロサミット2019in秋葉原」を開催した。

13時の一般入場開始と同時に、会場には多数のファンが入場。最も大きな盛り上がりを見せていた地下フロアでは、「6号機ウルトラ試打会」と銘打った試打会を実施。フロアには18メーカー・22機種の全85台のパチスロ6号機が設置され、この試打会で初披露となった「パチスロ 新鬼武者」(エンターライズ)をはじめ、「パチスロ北斗の拳 天昇」(サミー)や「パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~」(平和)といったホール未導入機種が高い注目を集め、待ち時間が発生していた機種も散見された。

また、メインとなる会場1階のステージでは、V‐tuberによる出展機種紹介、Pキャラによる椅子取り合戦、パチスロライターの早押しクイズ、特別ゲストのPOKKA吉田さんを交えたパチスロ豆知識コーナーを開催。12体のPキャラが熱戦を繰り広げた椅子取り合戦では、「ケロット」(山佐)、「モリスケ」(ダイナム)、「ジャグラー」(北電子)が決勝戦に勝ち進み、見事「モリスケ」が優勝した。

このほか会場では、各メーカーのレアグッズが当るスタンプラリーやパチスロライターによるオリジナルTシャツへのサイン会、車内放置ゼロキャラクター「回胴戦隊ジュンカイジャー」LINEスタンプダウンロードコーナーが用意され、終日、多くの人で賑わった。この日、会場を訪れた一般ファンと業界関係者は1万398人に及んだ。

[2019年10月2日・情報島]

日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)
回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)