都遊連第2・第3ブロック、地域安全協議会を開催

パチンコ業界ニュース, 業界団体東京都遊技業協同組合

 

東京都遊技場組合連合会(都遊連)の第2ブロック協議会と第3ブロック協議会は7日、東京都目黒区の目黒雅叙園にて合同の地域安全協議会を開催した。

地域安全協議会は、地区防犯協会をはじめとする民間協力組織・団体等と警察が連携し、犯罪や事故などの無い、安全で明るく住みよい地域社会の実現を推進する運動として毎年開催されている秋の全国地域安全運動(10月11~20日)に合わせて開催されるもの。冒頭、挨拶した南幸佑会長(第3ブロック)は「私たちの営業は安全安心で住みよいまちづくりがあって成り立つもの。地域の皆さんと、相互連携関係を構築して地域のために協力していきたい」と語った。

続いて碑文谷警察署生活安全課の北村真一課長は講話で、特殊詐欺等の被害が甚大となっているとし「お仲間には、色々な特殊詐欺のある事を広め、普段から防犯意識を高めていただきたい。例えば、電話をしながら、あるいはマスクやサングラスを着用してATMを操作している人がいたら、ぜひ近くの警察に連絡してほしい」と安全・安心活動への協力を呼びかけた。

懇親会の祝辞を述べた阿部恭久会長は、高射幸性パチスロ機の自主規制について言及し「来年の5%が揺らぐような事にならないよう、より良い組合対応ができるよう努めていきたい」と語った。その後、安全で明るく住みよい地域社会の実現を推進する宣言文を全会一致で採択。それを受けて、大崎遊技場組合から大崎防犯協会へ防犯資材の目録を贈呈した。

[2019年10月14日・情報島]

東京都遊技業協同組合(都遊協)