パチンコ業界ニュース 業界団体

RSN、9月の相談件数は前月比71件増の434件

パチンコ依存問題の相談機関である認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は、2019年9月の電話相談件数は434件(全商協RSN支援室含む)、8月より71件増加したと機関紙「さくら通信」(第150号)の中で報告した。

初回相談(252件)の内訳は、本人からの相談が214件(85%)、家族・友人が38件(15%)。相談経路では、本人からの相談214件のうち、ホール内ポスターが97件、インターネットが48件、ホール配布物が11件、ホール折込チラシが8件、ホール貼付ステッカー4件、ATM啓発メッセージ1件だった。

昨年10月1日よりすべて沖縄事務所で1本化した集計をして1年が経過し2018年10月~2019年9月の合計は5580件。2019年1月からの累計4109件。2006年4月からの累計3万6580件となった。

[2019年10月30日・情報島]

リカバリーサポート・ネットワーク

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.