ユニバーサル、「Pバジリスク~甲賀忍法帖~2」を発表 ~高い小当りRUSH突入率が特徴

パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカーユニバーサルエンターテインメント, バジリスク

ユニバーサルエンターテインメントは1日、東京都江東区の本社にてパチンコ新機種「Pバジリスク~甲賀忍法帖~2」(メーシー製)の記者発表会を開催した。

本機は、人気コンテンツ「バジリスク~甲賀忍法帖~」がモチーフのパチンコ第2弾。パチスロバジリスクシリーズのテイストを随所に散りばめつつ新規映像により、ぱちんこ独自の世界観が楽しめる内容となっている。

スペックは、大当り確率319.6分の1、確変突入率72%の確変ループタイプ。初当りの50%が10R(約1500個)+小当りRUSH「神瞳術RUSH」(特図2では30%)突入が約束される「PremiumバジリスクBONUS」となり、初当りから最高モードを狙える成功体験を重視したゲームフローが大きな特徴となっている。また、「神瞳術RUSH」突入時の期待個数は約6700個とバジリスクの名に恥じないトップクラスの出玉を実現した。

小当り確率1.95分の1、アタッカー賞球15個で、1回の小当りRUSHでの期待個数は約1000個。さらにアタッカーのこぼれ玉がすべて甦る「不死チャッカー」や新たな出玉増加トリガーとして注目される「絆乱舞」により、「神瞳術RUSH」中の爽快感は極上だ。

[2019年11月8日・情報島]

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

©山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
℗KING RECORD CO.,LTD.
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT