パチンコ業界ニュース 業界団体

大遊協国際交流・援助・研究協会、府下の留学生を対象に「国際交流茶会」を開催

大阪府遊技業協同組合が設立母体の公益財団法人大遊協国際交流・援助・研究協会は10日、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターにて日本文化体験会「国際交流茶会」を開催。同財団が援助する奨学生や府内の大学、専門学校に通う留学生ら約130名が参加した。

この茶会は、留学生が日本を代表する文化である茶道と着物の着付けを通じて日本への理解を深め、母国と日本の文化交流及び国際相互理解の促進に貢献する事を目的に、茶道家の集まりである茶道裏千家淡交会大阪西青年部との共催で毎年開催するもの。留学生の間では人気の催しとなっており、先着順で受け付けている為、参加できなかった留学生もいたほどだという。

当日は午前・午後の2部構成で進行。受付順に着付けを行い、待ち時間には別室で折り紙や将棋、ふくわらいといった日本の伝統的な遊びを楽しんだ。また、色艶やかな和装で身を包み、楽しげに記念撮影を行う留学生たちの姿があちこちで見られた。

茶道体験では、最初は正座で畏まっていた留学生たちも楽なスタイルで自由に楽しむ事が大切だという話を聞くとほっとした表情で足を崩す姿が印象的であった。海外ではおもてなし文化のシンボルとして茶道があげられることも多いといい、留学生たちは座主の話に熱心に耳を傾けていた。

[2019年11月11日・情報島]

大阪府遊技業協同組合

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2019 All Rights Reserved.