×

回胴遊商九州・沖縄支部、宜野湾マリン支援センターで珊瑚の植付け活動を実施

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)の九州・沖縄支部は8日、地域に根ざした環境保全活動の一環として沖縄県宜野湾市の宜野湾マリン支援センターにて珊瑚の植付け活動を実施した。

宜野湾市内の保育園から園児や保育士ら約60名が参加するなか、九州・沖縄支部組合員や本部役員など40名超が子供たちの植付け作業を手伝い、作業終了後は沖縄支部の組合員が朝から用意した焼きそばや焼肉などを参加者全員で一緒に食べた。

林田伸一支部長は「この活動を始めて12年が経過し、今では保育園の行事の一つとして定着していると聞いている。この活動を立ち上げて頂いた当時の木村支部長が今年急逝されてしまいとても残念だが、この遺志を引き継いでこの活動は継続していきたい」と話した。

[2019年11月12日・情報島]

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)

今、読まれています!

1

『楽園相模原店』ホームページより 神奈川県相模原市にて新築パチンコホール『楽園相模原店』のグランドオ ...

2

1月度の最多導入となった「P牙狼GOLD IMPACT」(サンセイR&D) 今回は2023年1月度の ...

3

保安通信協会(保通協)は1日、2023年1月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島