×

パチンコ業界ニュース 業界団体

ワンデーポートが長野で依存問題セミナー開催 ~依存問題との向き合い方、考え方を参加者と共有

認定NPO法人ワンデーポートは17日、長野県長野市の吉田公民館にて「ギャンブル等依存問題セミナーin長野~ギャンブル等依存問題を契機として~生きることに苦労している人たちの『幸せ』を考える」を開催した。

今回のセミナーは、多角的な視点でギャンブル等依存問題について考え、当事者や社会がどのように向き合うべきか考える事を目的に開催され、依存問題に悩む当事者、当事者の家族、そして支援に携わる援助者、学生・研究者、依存問題に関心のある人、そしてパチンコ事業関係者(11名)など約50名が参加した。

午前の部では、まず主催者を代表して中村努施設長が「IR法により大きな関心を集める事になり、法制化された『ギャンブル等依存症』で括られたが、そうした中だからこそ個別的な支援の必要性がさらに高まっている」と挨拶。続いて、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授が「行動嗜癖の諸問題とやる気の仕組み」と題して日本における医療情報リテラシーと依存問題とのあり様について基調講演を行った。

その後、午後から東京都自閉症協会の今井忠理事長が「発達障がい者の場合の支援や介入の要点~学び方の違いを知ろう~」、堀米美聡氏(元弁護士)が「依存症を抱える被疑者・被告人の実際と、司法を超えた個別的支援の必要性」をテーマに講演。最後に、篠原教授、今井理事長、堀米元弁護士、中村施設長、稲村厚氏(司法書士・ワンデーポート理事長)、高澤和彦氏(精神保健福祉士・浦和まはろ相談室代表)が登壇し、パネルディスカッションを通じて依存問題との向き合い方、考え方について参加者と共有した。

ワンデーポートは、2000年からギャンブル等の問題に悩む人の回復支援施設(横浜市瀬谷区)の運営などを通じてその知見を重ねており、依存問題についての啓蒙・啓発にも積極的に取り組んでいる。今回のセミナーは、全日本社会貢献団体機構の助成、長野県、リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)、依存の問題に携わる人たちの勉強会、日本自閉症協会の後援、アイエス・フィールド、アメニティーズ、トータル・ノウ・コネクションズの協力により開催が実現した。

[2019年11月20日・情報島]

認定NPO法人ワンデーポート

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島