パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

SANKYO、新機種「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」を発表

SANKYOは20日、東京都豊島区のプラサカプコン池袋店においてパチンコ新機種「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」のプレス発表会を開催した。

主催者を代表して挨拶に立った尼子勝紀副本部長(執行役員営業本部副本部長兼販売戦略部長)は、一貫して出玉にこだわり、コンテンツの緊迫した世界観にマッチしたスペック、演出、そして役物を搭載して、魅力的なミドル機に仕上げたとPR。ライドミドルに重点を置く路線はそのまま継続しながらも、2020年は本機を皮切りに、「本気のミドルスペック」を拡充していくと語った。

同機は大当り確率319.7分の1のV確変転落タイプ。確変突入率51%(時短引き戻し込み約64.2%)、RUSH中は高確率128.8分の1、転落確率449分の1で継続率は約80%。右打ちからは大当りの80%が最大1500個獲得の10Rとなっている。

演出面ではインパクト抜群の役物一体型の液晶「パニックビジョン」が最大の特徴となっており、液晶が回ればチャンス、さらに手前に倒れると大チャンスと明確な待ち演出を搭載。RUSH中は40回転までを高速消化の即当りゾーン、41~99回転をリーチ演出ゾーン、100回転目は分岐演出が発生し、101回転以降はバトル演出ゾーンとなり、大当りまたは転落まで継続する。

同機のホールへの納品開始は2020年1月5日を予定する。

[2019年11月22日・情報島]

株式会社SANKYO

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

コメント (0)

編集部の注目記事

1

パチンコ業界に特化したマーケティングをおこなうシーズリサーチは19日、パチンコ景気動向指数(DI)調 ...

2

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

3

愛知県を中心に『ZENT』の屋号でパチンコ店をチェーン展開する善都は10日、同社YouTubeチャン ...

4

加熱式たばこを吸いながら遊技できる加熱式たばこ専用エリア(以下、加熱式エリア)を設置するパチンコ店の ...

5

『ミカド五反野店』(東京都足立区)に勤務するあんこさん(ハンドルネーム)は、昨年の12月25日からツ ...

6

新台のPVやパチンコ店のアイドルスタッフが登場する動画などパチンコ・パチスロに関連する動画をまとめま ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.