パチンコ業界ニュース 業界団体

京遊協、寄付・助成金贈呈式並びに営業者・管理者等研修会を開催

京都府遊技業協同組合(京遊協)と同組合が母体となる公益財団法人京遊連社会福祉基金は11月28日、京都市中京区のANAクラウンプラザホテル京都において2019年寄付・助成金贈呈式並びに営業者・管理者等研修会を開催。組合員や店舗管理者等約180名が集まった。

寄付・助成金事業は、京遊協ならびに同団体を母体とする公益財団法人京遊連社会福祉基金が毎年、京都府・京都市などの自治体及び京都府内に所在する各福祉団体等に対して社会福祉事業の手助けとなるよう寄付・助成金を贈呈する社会貢献活動。1973年にスタートした「善意の箱」事業を原資に、これまで9億円近くの助成を行っている。

冒頭、挨拶に立った白川鐘一理事長は、助成先団体の社会に向けた献身的な取り組みに敬意と感謝の言葉を述べるとともに、「業界では規則改正の経過措置終了まで1年少しとなった現在、旧基準機の撤去・入替など、来年は特に厳しい状況が予測され中ではあるが、組合員各ホールが社会貢献活動の必要性と重要性を理解し、今年も寄贈式を迎えられたことを嬉しく思う。我々にとって社会貢献活動は地域に根ざし、そして愛される為に必要不可欠な活動。今後も歩みを止めることなく継続していきたい」と、事業継続を誓った。

贈呈式では、京遊協が社会福祉事業支援として特別養護老人ホームに対し車いす利用者のための送迎用軽自動車を贈呈。続いて、同青年部会が7月に開催したチャリティーゴルフ大会で集った浄財を原資として福祉作業所等の4団体に計80万円を贈呈した。また、京遊連社会福祉基金は京都市及び京都府内の21の福祉団体等に重度障害者用移動リフト購入費用、施設整備費用等として計861万円を寄贈。これで財団発足以来の累計金額は8億8849万1544円となった。

贈呈式の後に行われた研修会では、京都府警察本部生活安全部生活安全企画課許可等事務審査室の金子平室長補佐が登壇し、違法営業の絶無、適正な手続の履行、パチンコへの依存防止対策の3点について、それぞれ要点の確認とともに適切な取り組みの推進を要請した。

[2019年12月2日・情報島]

京都府遊技業協同組合(京遊協)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.