パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

フィールズ子会社の円谷プロダクション、米国訴訟で勝訴判決

フィールズは10日、同社の連結子会社である円谷プロダクションとユーエムらとの訴訟(以下、本件訴訟)に関して、12月5日(現地時間)にアメリカ合衆国第9巡回区控訴裁判所において判決の言い渡しがあり、円谷プロダクションが勝訴したと報告した。

本件訴訟は、円谷プロダクションが著作権を保有する「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権について、ユーエムがその権利を保有し、円谷プロダクションが権利を侵害していると主張し、2015年5月18日付けでユーエムが円谷プロダクションに対し同権利の帰属確認と損害賠償の支払いを求める旨の提訴がカリフォルニア中央区地方裁判所になされた。これに対し、円谷プロダクションは2015年9月11日付けで、ユーエム及び同社のライセンシーらに対し、権利帰属及び損害賠償請求の反訴を提起し、審理が進められてきた。

ユーエムの主張は、1976年に円谷プロダクションの円谷皐代表(当時)が署名した契約書(以下、1976年書面)が存在し、1976年書面に基づいて許諾された「ウルトラマン」シリーズの日本を除く全世界での利用権をタイ人実業家のサンゲンチャイ・ソンポテ氏から承継したというもの。これに対し円谷プロダクションはこの文書が偽物であるとし、同文書が円谷皐氏の署名捺印した真正な契約書であるかどうかが主な争点となっていた。

本件訴訟の第一審では、地方裁判所において1976年書面が真正に作成されたものではないとの円谷プロダクションの主張を全面的に認める判決が下されたが、ユーエムはこれを不服として控訴。今回判決の言い渡しがあった控訴裁判所も、1976年書面が真正に作成されたものではないという一審判決及び陪審員の評決を全面的に認め、円谷プロダクションが勝訴した。今後、ユーエムは米国の最高裁判所に上告することはできるが、最高裁判所が上告を受理することは稀であり、本件においても仮にユーエムが上告したとしても受理される可能性は極めて低いと代理人より報告を受けており、円谷プロダクションは「今回の控訴審判決がユーエムとの訴訟を決着づけるものと期待している」としている。

なお、本件の損害賠償による2020年3月期の連結業績予想に与える影響は軽微だとしている。

[2019年12月12日・情報島]

フィールズ株式会社

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.