×

遊技料金表示に関する警察庁回答は「暫定的な内容」

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)の広報担当者は14日、パチンコ・パチスロ業界誌(紙)編集担当者に向け、7日に警察庁より全日遊連に対して説明のあった「遊技料金の表示に関する対応について」および「賞品の提供個数算出方法について」の回答は「暫定的な内容」であり、警察庁の正式に見解を述べたものではないとして、各媒体に掲載しないことを求めた。

ホール5団体で開催される予定となっている会議の資料として送付したものであるという。また全日遊連は同日、5団体に対しても、「先日の文書は警察庁からの正式な回答ではなく、まだ決まったものではないので取扱いに注意してほしい」旨の連絡を行った。

[2月17日・日刊遊技情報]

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

警察庁

140217_zennichi

今、読まれています!

1

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

2

その店長は「鳩サブレー」の袋を見ると常連客だったおばあちゃんの姿を思い出す。おばあちゃんは毎日決まっ ...

3

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島