パチンコ業界ニュース 業界団体

保通協、2019年12月の型式試験実施状況を公表 ~パチンコの適合数・適合率が続落

保安通信協会(保通協)は6日、2019年12月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。

パチンコは結果書交付70件に対して適合24件(前月比マイナス13件)で、適合率(適合件数/結果書交付)は34.2%(前月は39.7%)と適合数・適合率ともに減少し、30%台での推移が続いた。一方のパチスロは結果書交付91件に対し、適合は22件(前月比プラス4件)で適合率は24.1%(前月は22.5%)と、前月から微増となった。

パチンコに関しては、このほど改正された「技術上の規格解釈基準」が今年1月6日に施行され、天井時短や複数の確変リミットの搭載が可能となった。これによりパチンコの適合数・適合率が今後どのように推移していくのかに注目が集まる。

なお、12月中の受理件数はパチンコ78件(前月比プラス2件)、パチスロ80件(同マイナス4件)だった。

保安通信協会(保通協)

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、MIRAI、余暇進の業界8団体は18日、全国のパ ...

2

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.