パチンコ業界ニュース ホール

ダイナムジャパンHD、ビデオスロット機10台を「Ponte 16 Macau Resort」で稼働開始

ダイナムジャパンホールディングス(DYJH)は6日、事業パートナーであるWEIKE GAMING TECHNOLOGY (S) PTE. LTD.(以下、WEIKE)と共同で開発したビデオスロット機3機種計10台を、2020年1月5日よりマカオ(中華人民共和国マカオ特別行政区)のカジノ施設「Ponte 16 Macau Resort」(運営:Pier 16 ‐ Entertainment Group Corporation Limited)内の 「World‐Class Casino」において設置、稼働を開始したと発表した。

今回稼働開始となったのは、「パチンコボーナスシリーズ」(マスマーケット向け長時間型)の「Fortune Frogs」3台、「Fortune Frogs In Mid‐Autumn」4台、そして「ハーフチャンスシリーズ」(シンプルな短時間型)の 「Double Frogs」3台の計10台。2019年11月30日より「Legend Palace Casino」で稼働開始となった機種と同じ。ダイナムジャパンHDはゲーム性の異なる「パチンコボーナスシリーズ」と「ハーフチャンスシリーズ」の組み合わせによる「ダイナミックWシリーズ」としてマスマーケットを中心とした顧客に支持される開発を進めている。

同社は「今後もWEIKEとのパートナーシップを通じて、これらの後継機種やその他ユーザーの心を掴む様々な機種の開発を継続し、これらの機種の認知度を高めながら、一人でも多くのユーザ ーにプレーしてもらうことで、マカオのマスマーケットを開拓していく」としている。

株式会社ダイナムジャパンホールディングス

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.