布研磨機用使い捨てベルト

パチンコ業界ニュース 業界団体

中国遊商、新年互礼会を開催 ~『ONE TEAM』の精神で業界の結束誓う

全商協所属の中国遊技機商業協同組合(中国遊商)は9日、広島市南区のホテルグランヴィア広島において新年互礼会を開催した。

組合員ら90名以上が参加するなか、挨拶に立った松原陽輔理事長は、新規則機の供給停滞によって入替が進まない現状について触れ、中国遊商管内における昨年12月末現在の中古確認証紙発給枚数が前年比で1割減少するなど販売会社にとっても厳しい1年であったと総括。この状況はしばらく続く見通しであるとともに、特に今年は改正健康増進法の全面施行によって更に厳しさを増すのではと語った。

さらに今年の抱負として「我々は身近で手軽な大衆娯楽確立の為、一丸とならなければならない。ラグビーワールドカップで活躍した日本代表のスローガン『ONE TEAM(ワンチーム)』の精神で、業界各団体との連携を深めるとともに、円滑な中古流通を図り、社会貢献活動等による各方面への支援を継続していきたい」と抱負を述べた。

来賓として、広島県警察本部より生活安全総務課の小出義範課長はじめ、中国地区遊協理事長協議会の全本和由会長、広島県遊技業協同組合の延川章喜理事長、回胴式遊技機商業協同組合の大饗裕記理事長、日本遊技関連事業協会中国・四国支部の平本直樹支部長らが列席。

広島県遊協の延川理事長は「広島県内のホールでは昨年末までにみなし機の撤去を行なうとともに、高射幸性パチスロ機の設置比率を1月末までに15%以内とすべく対応しているところ。全て射幸性の抑制という観点から身を削る思いで実践している。今年は新しい時代の生き残りをかけた正念場。中国遊商の皆様と力を合わせて難局を乗り越えていきたい」と語った。

中国遊技機商業協同組合

編集部の注目記事

1

これまでに従業員4名の新型コロナウイルス感染が判明した新潟県上越市のパチンコ店『Super D’st ...

2

パチンコ・パチスロの新台導入スケージュールを日付順にまとめました。導入日は地域によって差がある場合が ...

3

保安通信協会(保通協)は3日、7月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結果書交付6 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.