パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

サンセイ、Aタイプパチンコ第2弾「P笑点」を発表

サンセイR&Dは16日、東京都台東区の同社東京ショールームにおいてパチンコ新機種「P笑点」の内覧会を開催した。

「P牙狼コレクション」に続く「Aタイプパチンコ」の第2弾となる本機は、日本テレビ系列の長寿お笑い番組「笑点」とのタイアップ機。6段階の設定を搭載し、設定によって大当り確率だけでなく、BIG(10R・約1500個)とREG(4R・約600個)のボーナス比率も変化するという、パチスロAタイプにより近いスペックを実現した。大当り確率(合成確率)は、169.7分の1(設定①)~115.9分の1(設定⑥)。BB:RB比率は、設定①が6:4、設定⑥が5:5となっている。

また、通常時・大当り時ともに「右打ち」という斬新な遊技性も大きな特徴。通常時は、右打ちでワープを通過した玉が液晶下部のクルーンに到達すると、その玉のほぼ全てがヘソ入賞するゲージ構成。クルーン滞留中の玉はスタンバイ保留として液晶内に出現。実際の保留(最大8個)+αで表示されることで、保留が満タンになっても打ちっぱなしにできるというまさに「保留玉革命」を実現した。

株式会社サンセイR&D

©NTV

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.