×

パチンコ業界ニュース 業界団体

同友会、定例理事会を開催 ~4月からの全席禁煙化は「パチンコホールが変わることを社会に発信する絶好の機会」

日本遊技産業経営者同友会(同友会)は15日、東京都台東区のオーラムB2F会議室において1月定例理事会を開催。正会員37社67名、賛助会員52社83名、合計89社150名が出席するなか、田村設計を賛助会員として新規入会を承認。これにより1月15日現在の会員は、正会員57社、賛助会員85社となった。

理事会では「新基準に該当しない高射幸性遊技機(回胴式遊技機)設置状況の推移(2019年11月30日)について」「高射幸性回胴式遊技機の設置比率が15%を超える営業所に対する措置について」「『遊技機製造業者の業務委託に関する規定』の一部改正について」「省エネ講習会(12月24日)について」「『パチンコ依存問題対策基本要綱』及び『パチンコ・パチスロ産業依存問題対策要綱』の制定について(12月27日)」などの報告、協議を行った。記者会見には東野昌一代表理事、金光淳用副代表が出席した。

今年4月の改正健康増進法によるパチンコホールの全席禁煙化に関する広報活動について、同友会は「パチンコホールは変わります!」という事を社会に発信する絶好の機会としてとらえ、アプローチ方法についてまとめ、業界を挙げたアクションにしていきたい考え。「できれば3月から1カ月余をキャンペーン期間として情報発信を企図している。Webでは、安心娯楽宣言、Youtubeの活用、各店舗でのPRにつながる広報、チラシでの活用、広告協議会(PAA)とのこれからの連携、たばこメーカーとの連携等。吸う人ならびに、吸わない人に対して業界挙げたキャンペーン活動につながるよう意識する」とした。

また、去る1月10日に有志ホール経営企業9社がATMの撤去等で声明を発表したことをうけ、同友会としては「社会から『これはおかしいのではないか』と疑念を抱かれる事のないよう、どうするかを協議検討する課題として受け止めている。同友会の会員ホールの個々営業(立地)環境や地域のニーズに鑑みて、慎重に対応していく」と説明した。

このほか、東日本大震災で被災した南三陸町が「元気」を取り戻すきっかけの一つとなった「福興市」がこの度100回開催を迎えるにあたり、記念式典への出席ならびに同友会ブースを出店することが報告された。イベントは2020年4月25日・26日の2日間、ベイサイドアリーナ特設会場において開催される。

日本遊技産業経営者同友会(同友会)

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島