パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

平和、「1/3確変」「2回ループ」を踏襲した「P真・黄門ちゃま」を発売

平和は16日、東京都台東区の同社営業本部ビルにおいてパチンコ新機種「P真・黄門ちゃま」の内覧会を開催した。

本機は、革新的なスペックで老若男女に愛されてきたパチンコ「黄門ちゃま」シリーズの最新作。「黄門ちゃま2」(1994年)における「2回ループ」のゲーム性を1種2種混合仕様で再現した大当り確率319.6分の1のミドルタイプ。大当りは全て10R(約1500個)となり、赤図柄で大当りすれば2回の大当りが約束され、緑図柄大当りを2回連続で引かない限りループしていく。

最高状態である「黄門祭り」(赤7大当り後)は、時短1回+残保留1個のWチャンス区間。「黄門祭り」中は「お祭りモード」と「初代モード」の2種類の演出モードから選択可能。特図2での抽選はほぼ小当りが見込める仕様のため、「黄門祭り」に突入すれば最大2回の抽選=大当り獲得となり、初当りが赤7だった場合は最低でも約4500個(約1500個×3回)の獲得が期待できるという魅力溢れるスペックとなっている。

一方、初当りが緑・青図柄となった場合は時短無し。黄門祭り突入時、1回目の抽選で緑図柄だった場合は残保留にてもう一度大当りが獲得できるが、再び緑図柄に当選してしまったら通常時に転落する。なお、時短中の赤7図柄での大当り比率は33%(小当り時)となっており、かつて一世を風靡した「3分の1確変」「2回ループ」という伝説のゲーム性が楽しめる。

株式会社平和

©C.A.L/2020

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.