×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

ベルコ、ボーナス1G連でエンディングを目指す「キングオブジャック」を発表

2020年1月21日

ベルコは20日、大阪市浪速区の同社ショールームにおいてパチスロ新機種「キングオブジャック」の内覧会を開催した。

本機は、純増枚数は約3.0枚の疑似ボーナス(AT)の連チャンにより出玉を増やしていく仕様。疑似ボーナスは「REGULAR BONUS(RB)」(約100枚)、「BIG BONUS(BB)」(約300枚)、「DOUBLE BIG BONUS(DBB)」(約600枚)の3種類あり、各ボーナスには1G連期待度が設定されており、「RB」は約17%、「BB」は50%、「DBB」は約75%と「DBB」が最も期待度が高い。ボーナス中はレア役等でPUSH演出のチャンスとなり、成功すれば1G連が確定。1G連を繰り返し、「BB」の5連達成(途中RBを挟んでもOK、DBBの場合は2カウント)で突入するエンディングを目指す。

通常時は、1周期最大111Gの周期到達で突入するCZでのボーナス当選を目指す流れ。レア役は高確率への移行抽選が行われ、高確率中の周期到達は上位CZ突入のチャンスとなる。

CZは「KING」「QUEEN」「JACK」の3種類あり。このうちボーナス期待度が最も高い「KING」では、デジタル上のテンパイした数字がそのままボーナス期待度となる(例/「11*」ならば11%、「77*」ならば77%)。

このほか、「ボーナス後122Gは引き戻しのチャンス」「777G(+α)でエンディング直撃もあり」といった要素や、中段リプレイ、リプレイテンパイはずれといった出目による演出にも注目だ。

ベルコ株式会社

©BELLCO

コメント (0)

編集部の注目記事

1

本稿では、パチスロ30パイ機の設置状況について集計を行った。データは弊社DB「新P‐Search」よ ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.