パチンコ業界ニュース 業界団体

回胴遊商関東・甲信越支部、新年研修会を開催 ~大饗理事長「6.1号機第1弾はおそらく3月末に出てくる」

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)の関東・甲信越支部は20日、東京都文京区の東京ドームホテルにおいて新年研修会を開催。執行部・支部組合員を合わせ200名超が参加した。

冒頭、挨拶に立った大饗裕記理事長は「業界は現在、非常に厳しい状態。今年1年執行部以下しっかりやっていかねば来年はない、という決意を持って進んでいきたい」と述べた。また、昨年開催の理事会でサボハニ、セブンリーグ、メーシー、ミズホ、エレコ、アクロス、ユニバーサルブロスの7社を特別会員として加盟を承認したことを報告した。

今後の遊技業界の展望をテーマに講演した大饗理事長は、昨年12月よりパチスロ6.1号機の持ち込みが開始となり、各メーカーが日夜開発の努力をしているとし、「第1弾はおそらく3月末には出てくるのではないか」との見通しを語った。また「6号機のままでは、将来を悲観したホールオーナーさんによる閉店廃業が相次ぐのではないかと危惧しているが、我々だけではなかなか好転しない。ホール経営者が何とか将来も頑張ってみようと思えるレギュレーション作りをメーカー団体、ホール団体と協力して進めていきたい」と述べた。

回胴式遊技機商業協同組合

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.