パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

ネット、難易度の異なる2つの技術介入モードを搭載した「スナイパイ71」を発表

ネットは21日、2013年に発売した「スナイパイ72」の続編となるパチスロ新機種「スナイパイ71」を発売すると発表した。

本機最大の特徴は、難易度の異なる2つの技術介入モードを搭載した点。「スタンダードモード」は難易度低めで2コマ目押し、もう一方の「プロフェッショナルモード」はビタ押しが求められる上級者向けモードとなり、いずれも目押しカットイン発生時に、デカパイ図柄の目押し成功がポイントとなる。

モードは筐体の色で判別可能で、「スタンダードモード」は青色、「プロフェッショナルモード」は赤色となっている。完全攻略時における機械割は「スタンダードモード」が102.0%~109.3%、「プロフェッショナルモード」が104.1%~110.1%と、それぞれ100%を超えている。

通常時は、CZ成功や「アミヤバトル」(疑似ボーナス)でのアミヤ撃破で突入するAT「殲滅大作戦」を目指す流れ。「殲滅大作戦」は差枚数管理型のATで、「オフェンスターン」と「ディフェンスターン」の攻守に分かれたガチバトルが展開。バトルに勝利すれば上乗せ特化ゾーン「おしりスナイプタイム(OST)」に突入。「OST」は、「目押しスナイプ」成功で上乗せ枚数ベースUP、「押し順スナイプ」正解で上乗せ枚数が2倍といった要素が盛り込まれている。

さらに、通常時の特定条件で発動するプレミア感覚の上乗せ特化ゾーンとして「おしりペンペンタイム(OPT)」も復活。シリーズ初の差枚数上乗せでMAX99%のガチループも健在だ。

本機のホール導入は4月上旬を予定している。

ネット株式会社

©NET CORPORATION

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.