パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

サミー、パチンコ・パチスロの新機種を同時リリース

サミーは23日、東京都台東区の東京ショールームにおいてパチンコ新機種「P真・北斗無双 第2章 頂上決戦」ならびに「パチスロ ファンタシースターオンライン2」(銀座製)の内覧会を開催した。

「P真・北斗無双 第2章 頂上決戦」は、2018年発売の「P真・北斗無双 第2章」の別スペック。大当り確率199.8分の1の小当りRUSHを搭載したライトミドルタイプで、確変割合は特図1・特図2ともに50%。特図2からは最大約1050個獲得の10Rが50%となっている。

初当り時の「激闘BONUS」において確変を獲得できていれば高確率&電サポの「南北頂上決戦」に移行。その際、バトルに勝利で大当りとなり、確変ならば再び同モード、通常であれば30回時短「愛を取り戻せZONE」へ移行する。小当りRUSH「突発RUSH」へは「南北頂上決戦」中のプレミアムミッション成功や規定回数消化などの条件達成で突入。ネーミングの通り様々なタイミングで突如発生する演出から突入するため、常に期待感を持ちながら遊技できる。「南北頂上決戦」からのRUSH突入率は約53%、ループ率は50%となっている。

「パチスロ ファンタシースターオンライン2」は、セガゲームスが開発・運営するオンラインRPGとのタイアップ機。簡単な操作で爽快感たっぷりの戦闘を楽しむことができ、戦略性やカスタマイズ性の高いアクションが大きな特徴となっている。純増約5.8枚の高純増擬似BONUSと、高確率でBONUSを放出する集中モードのループによって出玉を増やしていくゲーム性。BONUSは約200枚獲得できる「BB」と、約75枚獲得できる「RB」の2種類を搭載している。

BONUS当選のポイントとなるのは「エマージェンシートライアル(ET)」。「ET」は2G固定の「ミッション」と、4G+αの「バトル」のいずれかが展開され、ベルの約33%、レア役なら更に期待が高まる仕様で、小役のヒキがボーナス当選を左右する自力感のあるゲーム性となっている。期待度の高い「バトル」では、通常のボスバトル勝利時はBONUS獲得、さらに「ダークファルスバトル」や「ファルス・ダランブル」での勝利時はBONUSに加えて上位モードへの突入が確定。

上位モードは「ファンタシークエスト(PQ)」「深遠なる闇」の2種類あり、「PQ」は10G間のBONUS放出モード。「深遠なる闇」は高継続のBONUSループモードとなっており、バトル勝利でBONUS確定し、バトルに敗北するまで継続。そのループ率は95%オーバー。

©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KON-920 ©2010-2013コーエーテクモゲームス ©Sammy

©SEGA ©Sammy

サミー株式会社

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.