パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

平和、3Q決算短信を発表 ~「ルパン三世」などパチスロ販売好調で増収に

2020年2月14日

平和は10日、2020年3月期第3四半期決算短信[日本基準](連結)を発表した。

2020年3月期第3四半期(2019年4月1日~2019年12月31日)の連結業績は、売上高1143億3400万円(対前年同期比プラス2.6%)、営業利益228億500万円(同マイナス12.3%)、経常利益225億9000万円(同マイナス12.4%)、四半期純利益152億9600万円(同マイナス9.3%)と増収減益だった。

期中、同社はパチンコにおいては「烈火の炎3」(1万1211台販売)及び「亜人」(3200台販売)など6機種を発売し、累計販売台数は6万3381台(前年同期比マイナス1万3266台)。一方、パチスロでは「パチスロルパン三世~イタリアの夢~」(1万7260台販売)及び「闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機」(9750台販売)など6機種を発売し、販売台数は6万767台(前年同期比プラス1万6117台)。遊技機事業における売上高は475億4200万円(前年同期比プラス5.3%)、営業利益は140億7500万円(同マイナス17.1%)と、パチスロの販売台数が前年同期より増加したことにより増収となった一方、利益面では研究開発費が増加したことなどにより、前年同期より減益となった。

通期計画として、パチンコでは「真・黄門ちゃま」「銀河鉄道999PREMIUM」、パチスロでは「パチスロ 青鬼」などの販売を予定し、パチンコ13万5000台、パチスロ5万5000台の販売を見込んでいる。

ゴルフ事業においては、台風19号の影響で一部のゴルフ場で土砂崩れや冠水被害を受けたが、新規取得したゴルフ場の貢献により、前年同期より微増。一方、利益面では新規取得したゴルフ場の営業費用やハードウェアの入替に伴うその他費用の増加等により前年同期より微減。その結果、売上高667億9100万円(前年同期比プラス0.7%)、営業利益111億5300万円(同マイナス3.2%)となった。

なお、2019年5月9日に公表した業績予想からの修正はない。

株式会社平和

イスラ
どのメーカーもパチンコが苦戦しているみたいらぁ。
今年はパチンコが増えるんじゃない。
ジーマ
コメント (0)

編集部の注目記事

1

今週の「設置台数を調べてみた」シリーズは、パチンコの新機能として注目が集まっている「遊タイム」搭載機 ...

2

9月12日にグランドオープンした『Super D’station上越店』 皆さん初めまして、って初め ...

3

日本遊技関連事業協会(日遊協)は24日、会員資格停止に関する規程について臨時総会において決議した事を ...

4

「年内撤去対象機」の撤去期限が来年1月11日まで延長に 21世紀会は旧規則機の取扱いに関する決議で、 ...

5

『ピーアーク北千住SSS』は本年6月6日のグランドオープン当時、業界内をにわかに騒がせた。加熱式たば ...

6

新台のPVやパチンコ店のアイドルスタッフが登場する動画などパチンコ・パチスロに関連する動画をまとめま ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.