パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

SANKYO、パチンコシンフォギアの正統後継機「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」をリリース

2020年3月24日

SANKYOはこのほど、パチンコ新台「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」をリリースした。

本機は、2017年8月の登場以来、今もなお多くのファンに支持されている大ヒット機「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」を完全継承×正統進化した大当り確率199.8分の1の1種2種混合タイプとなっている。

ゲームフローは前作を踏襲し、右打ち「シンフォギアチャンスGX」へは主に初当り後に移行する時短1回+残保留4個の「最終決戦」での大当りで突入。本作では「最終決戦」での演出モードが選択可能となっており、前作を継承した「バトルタイプ」(響、翼、クリス)と、ガングニールデバイス振動で告知する「振動タイプ」(マリア、調、切歌)を用意。クリスに勝利すれば「シンフォギアチャンスGX」突入となる。

「シンフォギアチャンスGX」は前作同様、選択したキャラによってゲーム性が変化。「シンフォギアチャンスGX」の継続率は約82%、最大ラウンド比率(10R・1300個)は50%となっている。また、特定条件クリアすると新キャラクター「キャロル」(破壊タイプ)が開放される。

3大キーポイント演出として「絶唱演出」「絶唱ゾーン」「聖詠演出」を搭載。「絶唱演出」では、新リーチ演出「繋ぐこの手がわたしのアームドギアたッ!リーチ」へと発展する6人登場バージョンが新たに追加されている。

■「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」スペシャルサイト
https://fever-symphogear.com/

株式会社SANKYO

イスラ
これがわたしたちの絶唱らぁ~!!ぷしゅん、、、
まあ、そういうこともあるだろうね。
ジーマ

©Project シンフォギアG ©Project シンフォギアGX

コメント (0)

編集部の注目記事

1

ツイッターによって勤務先のパチンコ店をPRする「アイドル店員」が増えつつあるなか、埼玉県川口市にある ...

2

パチンコ業界に特化したマーケティングをおこなうシーズリサーチは19日、パチンコ景気動向指数(DI)調 ...

3

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

4

愛知県を中心に『ZENT』の屋号でパチンコ店をチェーン展開する善都は10日、同社YouTubeチャン ...

5

加熱式たばこを吸いながら遊技できる加熱式たばこ専用エリア(以下、加熱式エリア)を設置するパチンコ店の ...

6

新台のPVやパチンコ店のアイドルスタッフが登場する動画などパチンコ・パチスロに関連する動画をまとめま ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.