×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

KPE、「麻雀格闘倶楽部」プレス向け商品説明会を開催 ~コンテンツはアーケードのオンライン対戦型麻雀ゲーム

KPE・高砂販売は17日、東京都港区赤坂の六本木ミッドタウンにおいて、KPE製のパチスロ新機種「麻雀格闘倶楽部」(型式名「麻雀格闘倶楽部KK」)のプレス向け商品説明会を開催した。同機コンテンツは、コナミの同名アーケードゲーム機であり、日本プロ麻雀連盟公認のオンライン対戦型麻雀ゲーム。演出には日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士22人が登場。パチスロのメインリールの当選役によって麻雀の対局が30ゲーム周期で進行する「リアル対局システム」が搭載されており、パチスロを遊技しながらプロ雀士と麻雀を打っている感覚を味わうことができる。

発表会ではまず、KPE・高砂販売の木曽原和之代表取締役社長が登壇し挨拶。「コナミグループのシナジー効果を追及するため、KPE・高砂販売でも3月に大幅な体制変更を行った。新生KPEのテーマとして今年は、より一層コナミグループのノウハウを活かした機械を提供していきたい」と話した。つづいて、青木裕営業推進部課長が商品説明を行った。

その後、会場にはゲストとして、本機の監修に参加した二階堂亜樹プロ、二階堂瑠美プロ、高宮まりプロ、白河雪菜プロ、中山奈々美プロら女性プロ雀士が登場。本機の感想を語ったのち、実機を使った出玉対決イベントを披露し、フォトセッションにも応じた。

同機は、1セット30ゲーム以上、純増枚数2.0枚のARTタイプ。「V字型麻雀牌役物(V牌)」と「タワー役物(双龍)」の2つの役モノを搭載した専用筐体により発売される。

[4月23日・日刊遊技情報]

KPE・高砂販売株式会社

140423_kpe

コメント (0)

編集部の注目記事

1

本稿では、パチスロ30パイ機の設置状況について集計を行った。データは弊社DB「新P‐Search」よ ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.