×

関西遊商、関西2府4県の社協に車椅子を寄贈

関西遊技機商業協同組合(関西遊商)は11月26日より関西2府4県の社会福祉協議会に対して車椅子の寄贈を行った。12月3日には京都市中京区の京都府社会福祉協議会を訪れて、車椅子7台を寄贈した。荒谷博文副理事長から目録を受け取った京都府社会福祉協議会の宮本隆司常務理事は「車椅子はいくらあっても余るということはない」と述べて、謝意を伝えた。

関遊商による車椅子の寄贈は今回で3回目。毎年秋頃に開催するチャリティゴルフコンペで集まった浄財を車椅子購入の原資としている。大阪10台、和歌山5台、奈良5台、京都7台、滋賀5台、兵庫8台の、車椅子計40台を各社会福祉協議会に届けた。

141210_kansai01 141210_kansai02[2014年12月10日・日刊遊技情報]

関西遊技機商業協同組合(関西遊商)

今、読まれています!

1

『あかね立石店』 東京都葛飾区にて営業してきたパチンコホール『あかね立石店』が、ジェイピーエルグルー ...

2

サミーは20日、新機種「パチスロRYUKYU BEAT-30」(ロデオ製)を発売すると発表した。パチ ...

3

店舗は併設店とスロ専の2店舗を経営している50代前半の副社長は、自分の代で会社を潰してしまうのではな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島