藤商事、「CR暴れん坊将軍 怪談」発売を発表

藤商事は16日、パチンコ新機種「CR暴れん坊将軍 怪談」を発売すると発表した。同社の各支店・営業所の一部では、すでに展示会を開催しており、東京支店では同日、プレス発表会が開催された。時代劇「暴れん坊将軍」とのタイアップ機。これまでのシリーズ機にはなかった「怪談」の要素を加えた。

今回発売されるのは、大当り確率399分の1のマックスタイプ「FPF」と、同268分の1のライトミドルタイプ「FPL」。いずれもV‐STタイプとなっており、「FPF」はヘソからの確変突入率60%、ST120回、ST継続率約80.0%、「FPL」はヘソからの確変突入率55%、ST100回、ST継続率約77.1%。実写映像の演出には特殊効果を多用した「VFX映像」が用いられている。

また、ST「成敗の刻」の演出では、新作映像による「怪談モード」と原作映像による勧善懲悪「活劇モード」から選択できる。ホールへの納品開始日には来年2月15日を予定する。

[2014年12月17日・日刊遊技情報]

株式会社藤商事

141217_fuji_02