×

下野奨学会に30万円を寄付/県遊技業組合

県遊技業協同組合(金中烈(きんちゅうれつ)理事長)は21日、下野新聞社を訪れ、下野奨学会の一般奨学金に30万円を寄付した。同組合の寄付は11度目で、累計は約318万円となった。

寄付金は9月に上横倉町のサンヒルズCCで開いた同組合のチャリティーゴルフ大会の会費などの一部。同組合や取引業者など161人が参加した。

同組合は県内のパチンコ店191店が加盟。この日は金理事長が、同奨学会理事長の観堂義憲(かんどうよしのり)下野新聞社社長に寄付金を手渡した。

金理事長は「社会貢献を組合の運動の柱としている。活動を通して、業界の認知度向上につなげていきたい」と話した。

[10月22日・下野新聞]

栃木県遊技業協同組合(栃遊協)

131025_gnews

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

山佐ネクストは5日、同社公式YouTubeチャンネルにてパチスロ新機種「スーパーリオエース」のPVな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島