×

関西遊商、恒例のバレンタイン献血を実施

関西遊技機商業協同組合(関西遊商)は12日と13日の両日、大阪市浪速区元町のナンバプラザビル会議室において献血活動を実施した。

この時期の献血活動は「バレンタイン献血」と呼ばれ、2003年の開始以来今年で13回目。関西遊商の恒例行事となっている。今回は191人が受付を行った。和久田守彦理事長は13日に会場を訪れて献血に協力。「社会貢献活動は継続していく事が大切」と、7月に実施する「七夕献血」とともに今後も継続していく考えであると話した。

[2015年2月18日・日刊遊技情報]

関西遊技機商業協同組合(関西遊商)

今、読まれています!

1

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

2

その店長は「鳩サブレー」の袋を見ると常連客だったおばあちゃんの姿を思い出す。おばあちゃんは毎日決まっ ...

3

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島