パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

西陣、「CR甦りぱちんこ~花満開~」プレス発表会を開催 ~「新装システム」により1台に4機種を搭載

2015年3月4日

西陣は2日、東京都台東区東上野の同社ショールームにおいて、新機種「CR甦りぱちんこ~花満開~」のプレス発表会を開催した。同機には、RTC機能により1台で最大4機種のゲーム性をたのしむことができるという業界初の「新装システム」を搭載する。導入時の「花満開」「麻王」のゲームモードに加え、数週間おきに「花鳥風月」と「球界王」が追加される。演出では、シンプルにノーマルリーチのアツさを表現しており、パチンコ本来のおもしろさを体感することのできる仕様になっている。納品開始予定日は4月19日。

今回発表された「CR甦りぱちんこ~花満開~M」は、大当り確率225.21分の1のライトミドルタイプ。確変割合52%の確変ループタイプとなっている。入賞順消化の通常時8個保留タイプであるが、賞球数がヘソ3個、電チュー2個となっているために、始動口平均賞球数は業界初の2.5個となる。連続演出と1分以上の超ロング変動を排除したシンプルな演出となっていることもあり、アウト効率が90%と高い。演出頻度の異なる3つの演出モードより、プレイヤーが好みで選択可能。1時間に1回、RTC機能により次回追加機種を体験することのできる「体験モード」が発生。遊技機自体が次回の来店意欲を掻き立てる販促ツールとしても機能する。

プレス発表会では、主催者を代表して同社取締役営業統括本部長の近藤修一氏が、「本機搭載の4機種はいずれも、今日までの西陣ブランドを支えてきたタイトル。『打ちたいけど打ちたい台がない』『演出が複雑でわかりにくい』といったシニアを中心とするユーザーをメインターゲットとして企画開発した」と紹介。機種説明の後には、スペシャルゲストのお笑い芸人・ダブルネームがトークセッションを行い、会場は笑いに包まれた。

[2015年3月4日・日刊遊技情報]

株式会社西陣

150304nishijin

コメント (0)

編集部の注目記事

1

このコラムを書くのも本当に久しぶりです。ホールでのシフトの兼ね合いもありまして、書く時間が確保できま ...

2

サミーは16日、パチスロ新機種「パチスロ北斗の拳 宿命」(製造元/タイヨーエレック)が保通協の型式試 ...

3

 本稿では、弊社が運営している「たばこの吸えるパチンコ店検索サイト『パチモク』」における登録店舗の状 ...

4

バックナンバー 青年部連合会『パチンコホールの換気実証実験』が話題に 青年部連合会では『パチンコホー ...

5

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

6

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , , ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.