×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

パイオニア、「沖縄フェスティバル‐30」展示内覧会を開催

パイオニアは19日、東京都台東区東上野の同社東京営業所ショールームにおいて、パチスロ新機種「沖縄フェスティバル‐30」(型式名「オキフェスDX‐30」)の展示内覧会を開催した。

同機は「最光の“沖”スロNEXTスタンダード」をメインコンセプトとする沖スロ30パイ機。最大の特徴として、搭載のタッチセンサーによりプレイヤー自身で「ハイビスカス」をプレミアム色に変化させることができる。通常点滅により告知中の「ハイビスカス」をタッチし、点滅がプレミアム色に変化すればBB確定となる。

また「沖フェス目」出現時にボーナスが当選しているかを確認することのできる「マイ告知機能」も搭載。さらに通常時の「ハイビスカス」を赤色ではなく黄金色とした。ボーナスの純増枚数は、BB最大312枚、RB最大104枚。合成確率は、設定①176分の1~設定⑥130分の1。1000円あたりのベースは約36~37ゲーム。

同機の展示内覧会は、同社東京営業所での関東ブロックを皮切りに、全国8会場で順次、開催される。

[2015年3月24日・日刊遊技情報]

株式会社パイオニア

001_DSCF9189 002_DSCF9193

コメント (0)

編集部の注目記事

1

現在、パチンコ業界では一部改定された21世紀会決議に基づく進捗計画の新目標に沿って新規則機への移行を ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.