×

アリスト、パチスロ事業からの撤退を表明

アリストクラートテクノロジーズの親会社であるアリストクラートレジャー(本部・オーストラリア)は21日、アリストクラートテクノロジーズの事業を休止し、日本におけるパチスロの新機種開発を終了すると同社ホームページで発表した。パチスロ「BLACK LAGOON2」など発売した機種のフィールドサポートのために当面、子会社のスパイキーは存続させる。同社は日本からの撤退を、会計年度の終了する本年9月30日までに完了させるとしている。

アリストクラートテクノロジーズは2001年に日本のパチスロ業界に参入。2010年にはスパイキーを傘下企業とした。

[2015年4月23日・日刊遊技情報]

株式会社アリストクラートテクノロジーズ

株式会社スパイキー

GW-20150423-131819

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

山佐ネクストは5日、同社公式YouTubeチャンネルにてパチスロ新機種「スーパーリオエース」のPVな ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島