パチンコ業界ニュース 業界団体

全日遊連、全国理事会と記者会見を開催

2015年4月27日

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は22日、東京都港区新橋の第一ホテル東京において、全国理事会を開催。終了後に恒例の記者会見を開き、記者らに活動の報告を行った。

会見ではまず、ぱちんこ依存問題相談機関であるリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)の西村直之代表理事が、2014年の電話相談事業についての報告書が完成したと報告。同年1年間の相談件数は3077件で、前年比287件減と、3年ぶりに前年より減少した。西村代表理事は2014年における電話相談の傾向として、「本人からの相談は減少したものの、家族・友人からの相談件数が増加した。40代~50代の本人相談件数が特に減少した。この年代の遊技人口自体が減っている現状が数字に出たのではないか」と指摘した。

記者会見ではまた、ホール業界全体の2014年における社会貢献・社会還元活動の実施調査の結果が、全日本社会貢献団体機構の榊原光裕専務理事より報告された。2014年の社会貢献の総額は、16億1607万8057円で、前年に比べ1億747万4248円減少した。拠出内容では、社会福祉関連がもっとも多く、全体の35.1%を占めていた。次いで多かったのが地域貢献の27.2%で、この上位2つの貢献活動が全体の6割以上を占める結果となった。昨年の拠出額について榊原専務理事は、「前年比で見れば減少しているが、東日本大震災が起きたために突出した支援金額となった2011年を除けば、過去10年の平均額を上まわる。業界の厳しい状況のなかでも、例年通りの高い水準を維持した」と評価した。

[2015年4月27日・日刊遊技情報]

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

GW-20150501-143547

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、MIRAI、余暇進の業界8団体は18日、全国のパ ...

2

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , , , ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.