×

「ユニバーサルカーニバル2015」盛況 ~「CRミリオンゴッドライジング」を初披露

ユニバーサルエンターテインメントは10日、東京都豊島区東池袋の池袋サンシャインシティにおいて、「ユニバーサルカーニバル(ユニバカ)2015」を開催。会場には多くのファンが詰めかけた。

会場は、ステージと物販コーナー「ユニマーケット」などのある「メインエリア」、パチスロ・パチンコの「ミリオンゴッド」シリーズを中心とした「GODエリア」、200機種以上の歴代機種を展示した「歴代機種エリア」の3エリアに分かれていた。

「メインエリア」のステージでは、ライターたちがパチスロにかける想いを語る「ユニトーク」をはじめ、著名なギタリストであるマーティ・フリードマンによるライブ演奏、パチンコ・パチスロ好きな芸人による「UNI‐1グランプリ」、目押し自慢のライターが「クランキーコレクション」を使ってビタ押しを競う「BITA‐1グランプリ」などが行われた。

「メインエリア」ではほかに、遊技機をモチーフにしたアトラクションや機種とコラボした飲食物を提供するフードゾーンが設けられていた。また、これまでのパチスロ筐体とはデザインが大きく異なる「次世代パチスロ筐体(コンセプト・モデル)」が展示され、注目を集めた。この新筐体では背面にまでパネルが装備されており、リール下のタッチパネルにより、これまでの機種には装備されていないさまざまな機能を利用できるように設計されているようであった。「モバイルブース」では、同日より配信を開始した「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」シミュレータアプリや、5月末から6月に配信を予定する「SLOT魔法少女まどか☆マギカ」シミュレータアプリを試遊することができた。

「GODエリア」では、「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」や「アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐」のほか、未発表のシリーズ機である「アナザーゴッドハーデス闇‐最後の神聖ver.‐」と「アナザーゴッドポセイドン‐海皇の聖域ver.‐」を展示。このイベントのために開発されたパチスロの実機を用いたアトラクション「大勝負Ⅱ」では、揃った図柄により賞品がプレゼントされた。「ゼウス」をご神体とした「ゴッド神社」もあり、「大勝負Ⅱ」での当選を祈願する参加者もいた。

「GODエリア」ではまた、パチンコ新機種「CRミリオンゴッドライジング」を初披露。同機は筐体や演出面でパチスロ「ミリオンゴッド」の世界観を再現しているだけでなく、「2400個」、「継続率80%」といったスペック面でも「ミリオンゴッド」の出玉感の再現が目指されていた。

「歴代機種エリア」には、0号機から5号機までのパチスロと、パチンコ、パチコンを展示。ほとんどの機種を試打することができた。各キャラクターごとに異なるパネルを装備した「SLOT魔法少女まどか☆マギカ」や、4号機「大花火」などが人気を集めていた。

エンディングでは、参加したライターと芸人がステージに集合し、記念撮影を行った。

[2015年5月14日・日刊遊技情報]

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

GW-20150519-141650

今、読まれています!

1

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

2

その店長は「鳩サブレー」の袋を見ると常連客だったおばあちゃんの姿を思い出す。おばあちゃんは毎日決まっ ...

3

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島