三重県遊協、第54回通常総会を開催 ~権田理事長を再任

パチンコ業界ニュース, 業界団体通常総会, 三重県遊技業協同組合, 三遊協

三重県遊技業協同組合は21日、津市羽所町のホテルグリーンパーク津において、第54回通常総会を開催した。組合員総数60人中、委任状出席を含めて55人が出席し、総会は成立した。

冒頭で権田清理事長は、「逆風のなかにあってこそ、すべての組合員が一致団結し、業界のために知恵を出し合っていくことが何より大切。本年度も組合員の皆さんによる建設的で開かれた組合運営を心がけ、業界発展のため努力したい」と挨拶を行った。

来賓祝辞では、三重県警察本部生活安全部の田中健一首席参事官が登壇。田中首席参事官は同部栃木新一部長の祝辞を代読し、三重県内における犯罪情勢についての説明を行った。その中で、直近2年間でホール駐車場内における児童の車両内放置事故が発生していないと報告。「これは貴組合による自助努力の成果。特にホール駐車場への警備員配置による交通誘導は、児童の車両内放置の防止をはじめ各種の事件・事故を防止するうえで極めて有効」と評価した。

議案審議では、2014年度の事業報告および収支決算、2015年度の事業計画・収支予算など5議案が上程され、すべて滞りなく可決承認された。また任期満了による役員改選が行われ、理事長に権田清氏を再任した。

[2015年5月26日・日刊遊技情報]

三重県遊技業協同組合(三遊協)

top_150526mie1