パチンコ業界ニュース

大遊協、第55期総代会を開催 ~平川理事長はじめ執行部全員が留任

B!

大阪府遊技業協同組合(大遊協)は10日、大阪市天王寺区上本町のシェラトン都ホテル大阪において、第55期(2014年度)総代会、および同連合会、同防犯協力会、善意の箱事業会の通常総会を開催した。

総代会では、組合員総数115人中、委任状を含めて出席92人で成立。2014年度の事業報告と収支決算報告、監査報告、2015年度(第56期)の事業計画、収支予算などが上程され、全議案が原案どおり承認可決された。役員改選では、指名推薦方式で理事71人、監事3人を選任。第1回理事会を開催し、平川容志理事長はじめ執行部全員の留任を決定。平川理事長は就任の挨拶で、「お受けした以上は全身全霊をかたむけてあらゆる課題に取り組む」と、難局でも局面打開に全力を尽くす意思を表明した。

来賓挨拶では大阪府警察本部生活安全部の杉内由美子部長が、府下の犯罪情勢を説明。ホール設置の防犯カメラを137件活用した実績があったことを伝えた。のめり込み問題については、「射幸性抑制に向けた広告宣伝規制の厳守や、のめり込みに起因する駐車場での児童等車内放置事故の絶無を図るため、業界全体で最大限の知恵と工夫を働かせてほしい」と述べ、平川理事長のリーダーシップのもと健全化が推進されることを要請した。

これに対して平川理事長は、「特にのめり込み問題は業界の最重要課題。期待に沿えるよう努力する」と述べるとともに、秋の地域安全活動において、ひったくり撲滅キャンペーンを実施し、府下の全警察署にひったくり防止カバーを配布することを報告した。

つづいて行われた2014年度善意の箱事業功労者に対する大阪府知事・大阪市長の感謝状および大遊協理事長の表彰状授与式では、大阪府知事から50ホール、大阪市長から34ホールが感謝状を受領。また、「善意の箱事業優秀支部」が10支部に、「防犯・地域活動優良ホール」が5ホールに、「防犯・地域活動優良支部」が10支部に、それぞれ表彰状が贈られた。

[2015年6月18日・日刊遊技情報]

大阪府遊技業協同組合(大遊協)

150618dai

B!
テーマ別新着記事

[PR]
ビジョンサーチ社

日刊遊技情報

パチンコホールの市場調査レポート、新台導入、撤去状況など、様々なパチンコ・パチスロに関わる情報を配信します!

ピーサーチ4

「店舗情報」「企業情報」「設置台数」を一元管理し、競合店舗分析や出店分析などの用途を強力にサポートいたします。

  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会