パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

フィールズ、「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」プレス発表会・ファンイベントを開催

フィールズは26日、東京都千代田区外神田のベルサール秋葉原において、ディ・ライト製パチスロ新機種「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」のプレス発表会を開催した。プレス発表会終了後には同会場において、同機の発売を記念したファンイベントが行われた。

同機コンテンツの「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」は、2011年11月の『月刊ヒーローズ』創刊より連載されたマンガ。原案を創通とフィールズが共同開発したフィールズのIP(知的財産)となっている。2013年4月には東宝アニメーションとの協業によりテレビアニメが放映され、2014年2月にはバンダイナムコエンターテインメントの協力を得てゲーム化も果たしている。同機は『月刊ヒーローズ』連載IPのパチスロ化第1弾となる。

スペックは、純増枚数約2.8枚のATタイプで、初期ゲーム数は40ゲーム~300ゲーム。主人公「ヒタチ・イズル」が乗る専用ロボット「RED FIVE」をイメージした専用筐体には、業界初となる可動式リールフレームを搭載する。納期日には11月1日を予定する。

プレス発表会では、機種のプレゼンテーションのほか、『月刊ヒーローズ』編集長の鈴木緑視氏の挨拶、登場キャラクターを演じた声優5人によるトークライブなどが行われた。主人公の「ヒタチ・イズル」を演じた相葉裕樹は、「2年ぶりの収録で難しいとも思ったが、懐かしく楽しかった」と、同機のアフレコを振り返った。

ファンイベントのステージイベントでは、声優陣によるトークライブのほか、ライター対ファンによる実機バトルなどが行われた。

[2015年8月28日・日刊遊技情報]

フィールズ

DSC00721

DSC00754

GW-20150828-102337

編集部の注目記事

1

保安通信協会(保通協)は1日、6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結果書交付61件(前月比プラス34件)に対して適合20件(同プラス13件)で、適合率(適合件数/結果書交付)は3 ...

2

ユーコーリプロの金海基浩常務取締役 警察庁は本年5月14日、国家公安委員会規則を一部改正のうえ、旧規則機の設置期限を最大で1年間延長した。この判断を受けた「パチンコ・パチスロ産業21世紀会」(以下、2 ...

3

『ヒロキ東口店』 関東地方の中でも新宿や池袋に次いで、最大級のパチンコ市場の一つである、東京都大田区蒲田地区。編集部では、同エリアにおいて毎週金曜日15時時点での稼働率および入替状況を調査している。調 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.