パチンコ業界ニュース 業界団体

RSN、2015年上半期の電話相談件数は前年同期並み

ぱちんこ依存問題相談機関の認定特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は、8月20日発行の機関紙「さくら通信」において2015年上半期(1月~6月)の電話相談データを報告した。

上半期の相談件数は1585件となり、2014年上半期と同数。相談回数別では、初回が1239(昨年上半期1270)、複数回202(同129)、間違い・無言・問い合わせ144(同186)で、初回相談者が減少し、複数回相談者が増加した。

同紙ではまた、全国遊技機商業協同組合連合会(全商協)が今月3日よりRSNの電話相談を支援する「全商協RSN支援室」のサービスを開始したことを報告した。

[2015年8月25日・日刊遊技情報]

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)

GW-20150828-102956

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.