×

マース、新製品発表展示会と「マースセミナー」を開催

マースエンジニアリングは1日より、東京、名古屋、福岡、岡山、大阪、仙台、札幌の全国7都市において新製品発表展示会と「マースセミナー」を開催した。1日と2日の両日に東京都新宿区新宿の本社ショールームを会場として開催された東京での発表展示会には多くのホール関係者が集まった。

この発表展示会に出展された新製品は、業界初の完全フラット天板を実現させた景品カウンターシステム「据置型賞品払出収納庫」、搬送距離が一段と伸び搬送の安全性を重視した「立体Air紙幣搬送システム」など。参考出展としてインカム音声通知機能を搭載した接客サポートシステムも展示した。「据置型賞品払出収納庫」は、見た目のデザインだけでなく、新たに在庫計数機能を搭載。在庫計数時間は25秒と、業務効率を大幅に改善させる機能を持つ。また10枚払出時の所要時間は2.8秒とスピード性にも優れる。

挨拶のために登壇した同社の松波明宏代表取締役は、「Air紙幣搬送システムはすでに550件を導入した。それをさらに進化させた立体Air紙幣搬送システムは、8月に試験的に導入した店舗でほぼ1カ月の間、特に大きな問題もなく稼働している。払出し機については、スタイリッシュなデザインと2.8秒の払出しスピードが業界一と自負している」と述べて、新製品に対する自信をのぞかせた。

「マースセミナー」では、同社の澤田陽一氏が「業界は混迷期!変化は今!そして、今こそチャンス!」と題し、マース戦略データ(MSD)の客層データを用いて講演し、タイプ別の稼働推移や回遊比率などを解説した。また、フリーライターのPOKKA吉田氏と、日遊協風営法PTリーダーの茂木欣人氏を講師に迎えた特別セミナーも開催された。POKKA吉田氏は出玉性能の自主規制について、次の規則改正まで今後も、パチンコとパチスロの両方で自主規制がさらに追加されていくとの見通しを語った。「今のところ最大MYの標準は10万個、2万枚で、いずれも40万円。常識的に考えて『一時の娯楽』とかけ離れており、行政や社会が納得するはずはない」と指摘し、過去の爆裂機問題から規則改正に至った事例に照らし合わせても自主規制の追加は必然であると述べた。茂木氏は「遊技くぎ」の問題を中心に講演。日遊協が提案する中短期的な一般入賞口の釘曲げ是正対策の考え方を説明した。

[2015年9月7日・日刊遊技情報]

株式会社マースエンジニアリング

150907_mars02

今、読まれています!

1

ハリウッドチェーンとして全国にアミューズメント事業を展開する成通グループ(本社・岡山市北区)は24日 ...

2

サミーは28日、パチンコ新機種「P真・北斗無双 第4章」の発売を発表した。 2020年12月導入の「 ...

3

『PAO共和店』 愛知県大府市にて営業してきたパチンコホール『三京会館共和店』が閉店したのは本年3月 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島