×

KPE・高砂、「ハイスクールD×D」プレス発表会を開催

KPE・高砂販売は8日、東京都港区赤坂の六本木ミッドタウン内コナミホールにおいて、KPE製パチスロ新機種「ハイスクールD×D」のプレス発表会を開催した。

同名のタイアップコンテンツは、原作・石踏一榮、イラスト・みやま零のライトノベルシリーズ。20巻が刊行され、テレビシリーズ3期も放映された。悪魔と天界、ドラゴンの戦いを描くものの、恋愛やお色気も重要な要素。

擬似ボーナスを搭載した純増2.0枚のARTタイプ。1セット40ゲームのセット継続型。1000円あたりのベースは約48ゲーム。納品開始予定日は11月1日。

発表会で登壇した同社の木曽原和之代表取締役は、「娯楽というものは、同じ設計思想だと飽きられる。昨今の高ベース機は初当りが遠い傾向がある。本機では初当りを軽くし、時間と投資額を抑えて楽しんでもらうことを設計思想とした。本機のリリースを通じ、遊技者に、より選択肢の広い遊技環境を提供していきたい」と、開発コンセプトを説明した。

フォトセッションでは、メインヒロイン「リアス・グレモリー」に扮したコスプレイヤーのユリコ・タイガーが、コンパニオンらとポーズをとった。

[2015年9月11日・日刊遊技情報]

KPE・高砂販売株式会社

150911kpe_02

今、読まれています!

1

今年7月のスマート遊技機フォーラムで公開されたコンプリート機能発動時の画面 ホール関係4団体(全日遊 ...

2

ダイコク電機は5日、同日開催の取締役会において、最近の業績動向を踏まえ、2023年3月期通期の連結業 ...

3

東京・上野エリアの「アメ横」にて出店準備中となっていたパチンコホール『楽園アメ横店』が2023年1月 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島