×

パチ元会、セミナーを関東で初開催

業界有志による勉強会組織である「パチンコを元気にする会(パチ元会)」が10日、東京都千代田区大手町の大手町サンケイプラザにおいて、「パチンコを元気にするセミナーin関東」を開催した。「パチンコを元気にする会・関東」として初めてのセミナー開催。ホール関係者を中心に約500人が参加した。協賛した豊丸による新機種「CR餃子の王将3」先行展示試打会も実施された。

セミナーは「チャージ&チェンジ&チャレンジ」をテーマに全12講座を開講。4講座が同時進行で行われた。「業界未来予想図Ⅱ 2016年へのチャージ」と題したパネルディスカッションにはパチ元会・関東の高橋正人会長、協賛した全国遊技ビジネス振興会の三井慶満会長らがパネリストとして出席。直近の業界動向を確認するとともに来年以降の展望を議論した。

高橋氏はパチンコの規制について、「インターネットに多くの情報が出ているが、確定事案はまだ何もない。9月17日に予定されている日工組の会議で、ある程度は決まると聞いている。今後、間違いなくパチンコの射幸性はダウンするだろう。MY規制の方向になるのでは」との見通しを語った。

福井県で3店舗のホールを経営する北陸エンタープライズの徳田幸修代表取締役はホール営業の今後について、「5年、10年先を見ると売上は下がる。多くのホール企業は借入をしており、売上は下がるが支払いは下がらない。従って経費を抑えざるを得ないので、機械代は2割程度カットされるだろう」と予想した。

一方、同じくホールオーナーの三井氏は、「いかにしてお客様に選んでいただき、店として残っていくか。今回の規制により、ホール営業の目に見えている部分と目に見えていない部分のうち、目に見えている部分が弱くなると解釈している。企業ビジョン、企業風土、社員の意識、お客様を大切にする『おもてなし』などが見えない部分。この部分が今後、ホール選択の際により重視されるだろう」と述べ、生き残るために「見えない部分」を強化することが重要だと話した。

[2015年9月15日・日刊遊技情報]

パチンコを元気にする会

150915pachigen02

 

150915pachigen03

今、読まれています!

1

大都技研は23日、好評稼働中のパチスロ「押忍!番長ZERO」(パオン・ディーピー製)の新パネル「操恵 ...

2

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

3

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島