×

全日遊連、8月末の組合加盟店舗実態調査の結果を公表

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)はこのほど、9月18日現在の集計として、本年8月末日現在における都府県方面遊技業協同組合加盟店舗実態調査の結果を公表した。

営業店舗数は、前月末日より7店舗減少し1万400店舗。店舗数の減少は昨年1月以来20カ月の連続。新規店舗数は16、廃業店舗数は25、休業店舗数は114、うち当月発生分の休業店舗数は14。

遊技機の台数は、パチンコ266万770台(前月より292台増)、パチスロ150万3216台(前月より3786台増)、総台数416万4142台(前月より4078台増)。パチンコの台数は4カ月ぶりに増加に転じた。

[2015年9月25日・日刊遊技情報]

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

150925kumiai

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も残り1か月となった。光陰矢の如しとはよく言ったものだ。正にあっと ...

2

新潟県佐渡市にて営業してきたパチンコホール『DAMZ佐和田』が2022年11月30日(水)の営業を以 ...

3

パチンコ店のコンサルを生業としている知人。最近顔を見ないので「どうしているのか」と同業者に尋ねると、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島