×

2015年度上半期ホール経営会社の倒産件数、過去20年間で2番目に少ない5件のみ

信用調査会社の東京商工リサーチは13日、2015年9月度および2015年度上半期の主なパチンコホール経営会社の倒産状況を発表した。

9月度の倒産件数は1件のみ。負債総額は4億円。倒産件数、負債総額ともに、3カ月連続で前年同月を下まわった。

上半期(4月から9月まで)の倒産件数は5件。負債総額は22億1800万円。前年同期は、11件、103億5400万円であった。倒産件数が前年同期を下まわるのは、年度上半期としては2年ぶり。過去20年間では2013年度の4件に次いで2番目に少なかった。上半期の負債総額は2年連続で前年同期を下まわった。

[2015年10月14日・日刊遊技情報]

株式会社東京商工リサーチ151014tsr

今、読まれています!

1

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

2

その店長は「鳩サブレー」の袋を見ると常連客だったおばあちゃんの姿を思い出す。おばあちゃんは毎日決まっ ...

3

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島