×

エンビズ総研、10月DI調査の結果を公表 ~全般的業況はマイナス34.4ポイント、16期連続のマイナス

エンタテインメントビジネス総合研究所(エンビズ総研)はこのほど、四半期ごとに実施する「パチンコ景気動向指数(DI)調査」の第62回10月集計の結果を公表した。

全般的業況は前回のマイナス43.4ポイントから今回マイナス34.4ポイントにやや改善したものの、2011年12月期以来16期連続のマイナスとなった。3カ月後についてはマイナス50.8%にまで悪化すると予想した。「トレンド・ウォッチ」として調査した「等価交換廃止時の影響」については、「どちらでもない」がもっとも多く、「プラスになる」と「マイナスになる」の回答が拮抗した。

[2015年11月4日・日刊遊技情報]

株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所
151104enbi

関連記事

今、読まれています!

1

『キクヤ昭島店』 東京都昭島市にて営業中のパチンコホール『キクヤ昭島店』が(株)メッセに事業承継され ...

2

気がつけばもう10月。今年も残すところあと3カ月ということで怒涛の新台入替ラッシュが続く。パチンコ側 ...

3

ニューギンは2日、スマスロ新機種「パチスロ花の慶次~佐渡攻めの章~」(EXCITE製)を発表。同日、 ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島