×

東京商工リサーチ、2015年10月度のパチンコホール経営会社倒産は松本日栄の1件と発表

信用調査会社の東京商工リサーチは12日、2015年10月度の主なパチンコホール経営企業の倒産は松本日栄1件であったと発表した。

長野県の松本日栄は民事再生法を申請。負債額は46億6700万円にのぼり、本年最高額。過去3年以内のホール企業の倒産では、2013年5月の東海産業(栃木)の101億7700万円、2014年8月の大鳥(茨城、旧・金馬車)の67億円(更生手続き開始時の負債額はグループ3社で約132億円)に次ぐ規模となった。

[2015年11月17日・日刊遊技情報]

株式会社東京商工リサーチ
151117tsr

今、読まれています!

1

『あかね立石店』 東京都葛飾区にて営業してきたパチンコホール『あかね立石店』が、ジェイピーエルグルー ...

2

サミーは20日、新機種「パチスロRYUKYU BEAT-30」(ロデオ製)を発売すると発表した。パチ ...

3

店舗は併設店とスロ専の2店舗を経営している50代前半の副社長は、自分の代で会社を潰してしまうのではな ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島