PCSA、臨時社員総会を開催 ~金本代表理事「1年以内のマックス機自主撤去を」

パチンコチェーンストア協会(PCSA)は19日、東京都千代田区九段北のアルカディア市ケ谷において、第14期第2回臨時社員総会および第54回PCSA経営勉強会を開催した。

総会冒頭の挨拶で金本朝樹代表理事は、いわゆる「遊技くぎ」問題について、「世の中にある全機種が検定機と同性能のものでは無いと聞いている。非常に深刻な問題だ。優先すべきはマックス機の自主撤去で、1年以内に撤去しなければ行政との折り合いがつかないだろう」との認識を示した。そのうえで「高射幸性遊技機に頼った営業に今こそ終止符を打つ必要がある。この問題をメーカーだけの責任にせず、業界全体での取り組みを始める転換点として捉え、大衆娯楽への回帰の一歩に繋げたい」と述べた。

議案審議では、「PCSA遊技約款」を、遊技契約終了時期を明確化し、英語・中国語・韓国語・ロシア語に多言語化した改訂版について報告した。経営勉強会では、ダイナムジャパンホールディングス取締役兼相談役の佐藤洋治氏が、「やがて世界は1つになる~古希を迎えた佐藤洋治の人生70年で到達した哲学~」と題した講演を行った。

[2015年11月26日・日刊遊技情報]

パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)

151126pcsa_eye