セガホールディングス、インデックス全株式を澤田ホールディングスに譲渡

セガサミーホールディングスは11月27日、子会社であるセガホールディングスが100%持株会社であるインデックスの全株式を澤田ホールディングスに譲渡すると発表した。株式の譲渡期日は12月1日。譲渡価格は、譲渡先との合意により非公表。

セガ(後のセガゲームス)が、2013年に民事再生法を申請し後に破産手続きを開始したインデックスの事業を継承。事業を継承したことにより、セガが受け皿会社として設立したセガドリームスの社名をインデックスに変更している。2014年4月には、旧インデックスがアトラスブランドで開発した「ペルソナ」シリーズを含む「真・女神転生」シリーズなどデジタルゲーム事業を受け継ぐアトラスと、コンテンツ&ソリューション事業を継承したインデックスとに会社分割を実施した。今回の株式譲渡によりインデックスはセガサミーグループより離脱する。

インデックスの株式譲渡を受けた澤田ホールディングスは、旅行業者であるエイチ・アイ・エスの取締役会長である澤田秀雄氏が代表取締役社長を務める持株会社であり、エイチ・エス証券などを傘下に持つ。同社はインデックスを傘下企業としたことにより、本格的にネット関連事業へ進出する。

[2015年12月1日・日刊遊技情報]

セガサミーホールディングス株式会社
151201segasammy