×

2015年パチンコホール経営会社の倒産は過去20年間で最少 ~東京商工リサーチ

信用調査会社の東京商工リサーチは18日、本年12月度の主なパチンコホール経営会社の倒産状況を発表した。倒産件数は2件、負債総額は5億円であった。

2015年の1年間では、倒産件数18件、負債総額145億4300万円となった。倒産件数は前年比で14件‐43.7%減少し、水準としては2013年の22件を下まわって1996年以降の過去20年間で最少件数にとどまった。また負債総額は前年比で45億5600万円の減少となり、これまで最少だった2011年の159億2800万円をも大きく下まわり最少金額となった。理由として、負債50億円以上の大型倒産が発生せず、負債額の小さな倒産が多かったことを指摘した。

[2016年1月19日・日刊遊技情報]

株式会社東京商工リサーチ

160119tousho

今、読まれています!

1

『あかね立石店』 東京都葛飾区にて営業してきたパチンコホール『あかね立石店』が、ジェイピーエルグルー ...

2

サミーは20日、新機種「パチスロRYUKYU BEAT-30」(ロデオ製)を発売すると発表した。パチ ...

3

店舗は併設店とスロ専の2店舗を経営している50代前半の副社長は、自分の代で会社を潰してしまうのではな ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島