SANKYO、「CRF機動戦士ガンダム LAST SHOOTING」先行試打会を秋葉原で開催

パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカーSANKYO, 新機種, 機動戦士ガンダム

SANKYOは2月28日、東京都千代田区外神田のベルサール秋葉原において、3月22日からの稼働開始を予定するパチンコ新機種「CRF機動戦士ガンダム LAST SHOOTING」の一般ファン向け先行試打会を開催した。主催者発表によれば約5500人が来場した。

会場には原作のラストシーンを再現した高さ6メートルの「ガンダム」の立像を設置。ステージイベントとして、お笑い芸人やライターによるライブやトークセッションが行われた。また会場内に設置されたドームスクリーン式のアーケードゲーム「機動戦士ガンダム 戦場の絆」を使ったゲームの実況も行われた。

会場の2階では原作アニメを制作したサンライズが、「機動戦士ガンダム」と落語をコラボレーションさせた「ガンダム落語」を公開。立川流の真打である落語家の立川志らくが落語の演目「大工調べ」を題材に「機動戦士ガンダム」の世界観を再構築し披露した。サンライズでは同日より同社の「ガンダム」情報公式サイト「ガンダムインフォ」において「ガンダム落語」の動画公開を開始している。

[2016年3月3日・日刊遊技情報]

株式会社SANKYO

160303gundam_02