新流通制度の運用にあたり遊技機流通制度連絡会が発足

パチンコ業界ニュース, 業界団体日遊協, 全日遊連, 日電協, 回胴遊商, 日工組, 全商協, 遊技機流通制度連絡会

遊技機流通協議会が14日、開催され、遊技機の新たな流通制度および高射幸性遊技機の取り扱いについて検討を行った。

遊技機の新たな流通制度の円滑な運用にあたっては遊技機流通制度連絡会を発足させた。メンバーは、全日遊連、日遊協、日工組、日電協、回胴遊商、全商協の6団体に、遊技機運送事業協同組合連合会(遊運協)がオブザーバーとして参加する。座長は日工組もしくは日電協が務め、当初2年間は日工組の筒井副理事長が就任する。また新制度では、パチスロだけでなくパチンコでも、新台納品時に「遊技機設置確認書」の写しをホールに渡すことになることや、変更承認申請において、「遊技機設置確認書」、「部品交換確認書」、「部品交換確認書(指定営業所用)」のそれぞれの写しの提出が求められるケースが予想されることが伝えられた。

全日遊連が決議し6団体がその支援を合意した新基準に該当しない「高射幸性遊技機」の段階的な撤去については、行政担当官より進捗状況を調べてほしいとの依頼があったこと、また本年12月1日の期日に撤去がすすんでいなかった場合の措置について検討を依頼されたことが伝えられた。

[2016年3月18日・日刊遊技情報]

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

日本遊技関連事業協会(日遊協)

日本遊技機工業組合(日工組)

日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)

全国遊技機商業協同組合連合会(全商協)

160318zennichi